時短料理

時短料理 「油は少量で揚げるコツ」

天ぷらを作る場合、沢山の油を使う事で美味しく出来ます。沢山の油を使うことがポイントでうすが、下味のついた揚げ物は、少量の油で揚げて時短ができ、又使った油が少いので捨てる事で、いつもフレッシュな油を使えます。健康にも良いですね。では少量の油で作る料理を紹介します。

和風から揚げ

エビ・キス(春先が旬です。)に小麦粉をまぶしてからから揚げ、酢油漬けにします。その際の油の使い方は、少量で一回ずつ使い切ります、注意するのは油を足さない事です。少量であれば、熱する時間も少なくなり時短となります。

中華での油通し

豚肉・鶏肉・野菜などは、低めの油に潜らせます、油通しでも材料がやっと隠れる程度の少ない油で行います。エビや小芋などは、網を使えばムラになりにくく、手早く料理ができます。

そろえたい調味料

最後の決めては、お味です。ソースやたれ、ワサビ、しょうが等の香辛料は、決めてです。時短料理では、これらでの味付けが強力にバックアップします。豊富に取り揃えておきましょう。

良かった
メンチかつは、片面からね

 

-時短料理
-

© 2022 BOBOO