日焼けケア

じりじりと暑い日が続く夏、紫外線のピークが続いています。
いまこそ知っておきたい“日焼けのメカニズム”と“紫外線対策”についてご紹介します。

日焼け!?紫外線が肌を通過し体内に侵入すると、細胞内で活性酸素が発生し、細胞やDNAを傷つけたり酸化(老化)を進めます。
そこで、皮膚は細胞を守るために、この活性酸素が発生すると黒いメラニン色素を作りダメージからブロックします。肌が黒くなるということは、皮膚が自分を守るため、自らサングラスを作り出しているとも言えるのです。これが、メラニンによって肌が黒くなるメカニズムです。つまり、日焼け対策では、外から紫外線を防ぐと共に、体の中の抗酸化力を高めておくことが大切です。

紫外線UV-AとUV-Bどう違うの?違いを知って、効果的な紫外線ケアを。

紫外線を浴びると肌はダメージを受けるということは皆さんご存知ですよね。「紫外線(UV)」は、波長の長さ順に「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。このうちもっとも波長の短い「UV-C」は人体にとって最も有害なのですが、オゾン層で吸収されるため、地上には届きません。従って、私たちが日常的に浴びているのは「UV-A」と「UV-B」の2種類の紫外線です。日焼けの原因の多くは「UV-B」で、「UV-B」の影響を受けた肌は、メラニンを生成し、シミやそばかすを引き起こします。
「UV」は、ガラスを透過する性質を持っていて、知らず知らずの内に肌にダメージを与え、シワやたるみの原因となります。紫外線は悪影響ばかり取り上げられますが、ビタミンDの生成には紫外線が必要です。
適度な外出は大切。日焼け止めの塗り方を工夫したり、栄養素もこまめに摂取しながら、夏を楽しみましょう。

© 2022 BOBOO